アクティビティ・買う 金武鍾乳洞の酒蔵

鍾乳洞の雫を子守唄に
静かに熟成のときを待つ古酒ロマン

長さ270m、地下30mの金武鍾乳洞に1万3000本を超える泡盛の1升瓶が保存されています。
湿度があり、気温が18度と一定である自然環境を活用して、1988年から日本初の古酒蔵として利用されています。

金武鍾乳洞の酒蔵

泡盛の大きな魅力は、時間をかけて熟成させることで古酒特有の芳醇でまろやかな古酒になっていくことです。
鍾乳洞の雫を子守唄に、静かにオーナーの手に帰るときを待つ泡盛。

金武鍾乳洞の酒蔵

ボトルキープの期間は5年、12年、20年。
結婚や、子供の誕生の記念に泡盛を入れられる方が多いそうです。
ボトルに下げられた札には名前とともに「成人式で一緒に飲もう」「いつまでも二人一緒で」など、メッセージが添えられています。

金武鍾乳洞の酒蔵

1日3回、古酒蔵へのガイド付き見学ツアーも行われています。
古酒蔵への見学は「龍の蔵」にて入場券をご購入の上ご入場ください。

_MG_2854

金武鍾乳洞の酒蔵

金武鍾乳洞の酒蔵

また鍾乳洞の一角では金武町の泡盛を使った豆腐ようも熟成されています。
通常は3ヶ月ほどの熟成で商品になるところ、1年以上も寝かせるそう。商品化されているので機会があればぜひ手に取ってみてください。

金武鍾乳洞の酒蔵

まるでチーズのようなコクと旨味の豆腐ようになるそうです

_MG_2796

旅の思い出に、数年後の願いを泡盛に託してみるのはいかがでしょうか。

基本情報

所在地 沖縄県国頭郡金武町字金武245番地
駐車場 あり
営業時間 古酒蔵の開園時間は9:00〜16:45
定休日 年中無休
お問い合わせ先 観音茶屋(有限会社インターリンク沖縄)
TEL 098-968-8581
ウェブサイト http://www.interlink-okinawa.com/koshugura/

金武鍾乳洞の酒蔵

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
金武町観光の最新情報をお届け