グルメ 久松食堂

唯一無二の金武町のソウルフード・チーイリチャーをぜひお試しあれ!

国道329号沿い、うしなー社交街入口に佇む久松食堂。
1966年創業、現在は二代目の宜野智・千津子ご夫妻が切り盛りされる老舗食堂です。

久松食堂

看板メニューは、豚のお肉と血を炒めたチーイリチャー。
久松食堂のチーイリチャーは、金武町のみならず、県内外、はては海外まで根強いファンをもち、ダントツの人気を誇ります。

久松食堂

豚や牛、鳥などの血をつかった料理は世界各国にあるそう。チーイリチャーもそのひとつ。沖縄県内各地でも古くから食されています。
「かつてはご馳走であったチーイリチャーは、沖縄県内でも地域によって作り方がまったくちがいます。なので、できあがったチーイリチャーは見た目も食感も味も、それぞれ個性がありますよ」と店主の智さん。

f12_03

冷凍されたキレイな赤紫色の豚の血。まるでぶどう酒のようです。ここから6時間かけて、ていねいに仕上げるチーイリチャーにはまったく臭みがありません。

f12_04

生にんにくをアクセントに、コクと旨味が口いっぱいに広がる久松食堂のチーイリチャー。チーイリチャーが初めての方にもぜひお召し上がりいただきたい逸品です。

f12_05

テーブルにはアメリカンチックなさまざま香辛料が並んでいます。ちょっと珍しい香辛料をチーイリチャーにかけて楽しむのもオススメ。

久松食堂

「ウチはお皿も50年以上の歴史があるんですよ。久松食堂が創業した頃、パイレックスのお皿は各家庭にありましたからね。ブルーやグリーンの2本ラインの入ったパイレックスのお皿は、いまではアンティーク店で人気だそうです。ご年配の方はウチのお皿を懐かしがってくれるんですよ」と千津子さん。

沖縄の歴史を語るお皿で、唯一無二の久松食堂のチーイリチャーをぜひお試しあれ!
ただし、売り切れ次第終了ですので、ご来店の際はお電話でご確認を。

基本情報

所在地 沖縄県国頭郡金武町字金武41
駐車場 なし
営業時間 10:30〜14:30(売り切れ次第終了)
定休日 日曜日
TEL 098-968-2987

久松食堂

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
金武町観光の最新情報をお届け